当ブログについて

  • author: situren29
  • 2020年01月01日

このブログに来てくださって、ありがとうございます

29歳の失恋記録を最初から読みたい場合は、ここからスタートしてくださいね
29歳の大恋愛

目次も載せておきますね。

◆29歳の失恋Story
【1】29歳の大恋愛
【2】ラブラブな日々
【3】結婚しようと思っていたのに
【4】プロポーズは無かった
【5】突然消えた彼
【6】友達に背中を押されて
【7】電話してみたけれど
【8】ショックで会社を休む
【9】うつ状態に
【10】いつか彼と再会する日を夢見て
【11】 素敵な自分になる努力
【12】 彼の消息
【13】どうしよう、結婚できないかもしれない
【14】 合コンも失敗続き
【15】婚活サイトに登録してみた
【16】婚活サイトでメール殺到!
【17】私、結婚できるかも
【18】メールの相手に恋
【19】彼からの写真
【20】迷いながらもサイトを続ける
【21】気になる彼からの誘い
【22】交際スタート!
【23】ついに、プロポーズ
【24】結婚(完)



読んで面白かったと思った方は、
クリックしてね
↓↓↓↓

恋愛・結婚(失恋) ブログランキングへ


失恋したお相手と、また復活する可能性はあるのか・・・
それとも、運命のお相手は別にいるのか。
未来は分からないけど、大体のアウトラインは決まっていると言う人もいます。
気になる人は、ここで答えが見つかるかもしれません。

知る人ぞ知る占い
沖縄の父奇跡鑑定


 

結婚(完)

  • author: situren29
  • 2013年06月20日

29歳で失恋し、30代になってから結婚を焦っていた私。

婚活サイトに登録し、最初はうまくいかなかったけど、
ついに交際相手を見つけた。

そして付き合って3か月でプロポーズ。

出会いは婚活サイトだったけど、
彼とは普通の恋人同士としてデートを重ねた。

ただ、婚活サイトだから、お互いに結婚の意思はあったわけで、
それがスムーズなプロポーズに結び付いたのかなと思う。

ちなみに、婚活サイトはいろいろ登録した。

どのサイトが自分に合っているか分からなかったし、
自分の運命のお相手にめぐりあうには、
複数のサイトに登録しておいた方がチャンスも大きいと思ったから。

婚活サイトは登録無料というところが多いので、
迷うくらいなら登録した方がいいと思う。

実際に使ってみて、良さそうなサイトだけ残していけばいいのだし。

とくに女性は無料で利用できるところが多いので、
登録しなきゃ損だとさえ思う。

☆参考→http://おすすめ婚活サイト.com/


なんだか婚活サイトの宣伝みたいになっちゃったけど、
あの時婚活していなかったら、私は今もまだ独身だったかもしれない。

29歳の時、結婚を考えて付き合ってた彼にフラれ、
目の前が真っ暗になったけど、
今ではあの時私の前から去ってくれた彼に、感謝さえしている。

一時的にすごくつらい思いをしたけど、
そのお陰で今のダーリンと出会えたのだから。

もちろん、29歳の時の彼より、今のダーリンの方が
何倍も素敵です!!

そして、私、今とても幸せです。

もしタイムマシンに乗って、失恋して落ち込んでいる私に会ったら、
「今は悲しくても、ぜったいに将来幸せになるから大丈夫だよ」
と、やさしく肩を抱いて言ってあげたい。

そんな思いを込めて、このブログを書いてみました。

29歳の失恋storyは、これで完結します。



 

ついに、プロポーズ

  • author: situren29
  • 2013年06月20日

婚活サイトで知り合った彼と、交際が始まった。

久しぶりに彼氏ができて、ウキウキしていた私。

でも、もしかしたらすぐに破局してしまうかもしれない。

それに、婚活サイトで知り合った人と付き合ってるなんて、
友達にはちょっと言いづらい面もある。

しばらく、彼のことは友達にも伏せておくことにした。



付き合い始めると、彼とのメールの数もすごく増え、
時間を見つけてはデートを重ねた。

婚活サイトの方はログインすることもなくなり、
彼だけを見つめる日々が続いた。



そして、交際スタートから3か月ほどたったある日、
デートの帰り際にすごく真面目な顔をして彼が切り出した。

「あの・・・ 結婚してくれないかな?」

私はすごく驚いて、動きが止まってしまった。

「えっ・・・」

「返事はじっくり考えてからでいいよ」

照れたように言って、彼は歩き出した。

彼らしく、控え目に、それでいてハッキリと結婚の意思表示をしてくれた。

突然のプロポーズに驚いたけど、彼との結婚を迷う気持ちはまったくなかった。

歩き出した彼の腕を引き寄せて、私は言った。

「ありがとう。私も結婚したい!」

 
今度は彼が驚く番だった。

「ほんとに?」


いつか誰かにプロポーズされて結婚することを夢見て生きてきたけど、
こんなに突然言われるとは思ってもいなかった。


その日、帰宅した後、ドキドキして眠れなかった。

「私、プロポーズされたんだ・・・」

 



ページトップに戻る▲